>

間違いが起こらない取り組み

エクセルVBAに任せた方がいい

コンピューターに任せると、ミスが発生しなくなります。
それがエクセルVBAを使うメリットといえるでしょう。
かなり長い工程が必要になると、間違う可能性も高くなります。
エクセルVBAは、どんな工程でも記憶させることができます。
ミスが増えれば、修正の時間が必要になります。
無駄な時間が発生するので、社員の負担が増えます。

ミスをなくすため、エクセルVBAを使ってください。
会社でミスする回数が少なくなると、社員同士の仲が良くなるメリットがあります。
いつ何度もミスを繰り返していれば、次第に社員同士の関係が悪くなりますが、そんな関係では一緒に仕事に取り組むことができません。
良い関係を維持できるよう、エクセルVBAを導入してください。

クオリティーが同じになる

社員が手作業で進めていると、仕事のクオリティーに違いが出てしまいます。
もしクオリティーがあまりにも低かったら、もう1度やり直さなくてはいけません。
エクセルVBAを導入すれば、基本的なクオリティーはすべて同じになります。
それならやり直しになることもないので、社員のストレスになりません。
基本的な作業は、システムに任せてください。

エクセルVBAがあれば、誰にでも仕事を任せることができますね。
これまでは実力に差が合って、できる人とできない人がいたと思います。
すると仕事量にも差ができるので、公平ではありません。
みんなに仕事が行き渡るよう、エクセルVBAを有効に使いましょう。
それならみんなが、順調にレベルアップできると思います。


この記事をシェアする